• 歯を磨いている女性
  • 控除が受けられる

    歯科助手

    インプラントは医療費控除の対象になっています。 医療費控除は、生計を共にする家族が1年間(1月1日〜12月31日)にかかった医療費が10万円を超える場合に、所得税の一部が控除されるというシステムです。 インプラント治療にかかった費用が控除されるわけではありませんが、支払った医療費に応じて所得税の一部が免除されれば、結果として医療費を削減できたということに繋がります。申告する必要があるので、確定申告時に必ず手続きを行いましょう。 控除される金額は、支払った医療費や所得に応じるため一概ではありません。気になる方は医療費控除計算式を元に計算をしてみるといいでしょう。 また、原則としてインプラントは保険適用外ですが、条件によっては保険を使って治療することもできます。

    インプラントは原則として保険を使った治療ができません。よって、治療にかかる費用は全て自己負担となります。 それを踏まえて、インプラントにかかる費用は1本の治療で約30万円かかるとされています。ただ、この金額は相場ですので全体的な価格を見ると、安くて10万円以下で治療を受けることもできる医療機関があるようです。また、高くて50万円ほどかかる医療機関もあります。 安かろう悪かろうでは困りますが、安いから悪い、高いから良いと一概に言えるものもでもありません。よって、医療機関そのものを見極めて信頼できる医師の元で治療を受ける必要があります。 治療が成功すれば費用対効果は高いので、費用ばかりに捉われるのはお勧めできないでしょう。